積極的に質問しよう

講師との距離が近い予備校を見極めよう

医学部の予備校で志望校に標準を合わせて学習をするうえで、授業の前後に積極的に講師に質問をして、自分の苦手とする範囲を克服することが大切です。特に、難関大学の医学部の入試においては、数学や物理、化学などの理数系の難問が出題されるケースも多いため、予備校で各教科のベテランの講師の授業を受けて、効率良く出題されやすいポイントを押さえる必要があります。また、講師との距離の近さについては、ためらわずに質問をするうえで重要となるため、体験入会や模擬授業などのチャンスを利用して、自分に合う講師を見極めましょう。 その他、医学部の予備校の講師の指導方法や学習システムについては、運営会社によって大きなバラつきがあるため、時間をかけて色々な予備校の特徴を比較すると良いでしょう。

有名大学の合格者を多く輩出している予備校の特徴をチェック

数ある医学部の予備校の中でも、有名大学の合格者を多く輩出しているところは、優れた学習環境が整っているところが目立ちます。たとえば、公式ホームページを通じて各教科の講師にいつでも質問ができる医学部の予備校については、現役生から予備校生まで様々な立場の医学部の受験者の間でニーズが高まっています。また、生徒だけが利用できる専用のSNSを使って、リアルタイムで講師に質問に答えてもらえるシステムを導入している医学部の予備校の数も増えています。そうした中、理想的な予備校を見つけるうえで、まずは実際に医学部に合格をした人の体験談をチェックしたり、複数の予備校の名物講師の授業について詳しく調べたりすることが肝心です。

医学部の現役合格という目標を達成するために大切になるのは、達成できた人の経験から学ぶことです。これによって実現できる可能性が高くなります。