少人数制の予備校

少人数制の内容について

医学部の予備校の中には、大人数で同じ授業を受けるスタイル以外にも少人数で授業を受けるスタイルもあります。少人数と一言で言ってもどの程度の人数が1クラスとなるのかは予備校によって異なりますが、一般的に7人から10人程度で1クラスを編成しているところが多いようです。そのため教室その物がこじんまりとしており、生徒もほかの人に気を取られることが少なくなっています。また授業中は講師が授業を進めるだけではなく、自主学習を行っていく中で講師が1人1人に対して指導を行っていくという事もあります。

特徴として多人数制とマンツーマンレッスンの中間のような授業スタイルを取っているところで、生徒の学力を伸ばしていける最適なクラス編成として注目を集めているのです。

少人数制のメリットとは?

医学部の予備校で少人数制のクラス編成を利用するメリットとしては、静かな環境で自分の勉強ペースを維持できるところが挙げられています。大人数の中での勉強はどうしても集中できないという生徒は少なくありませんし、だからといってマンツーマンでの授業は緊張してしまうためなかなか集中できない場合もあります。このため程よく集中できる環境で勉強できる少人数制のクラス編成は重宝されていますし、ほかの生徒がいることで競争心が芽生えて勉強に対するモチベーションを維持しやすくなる点もメリットです。

ほかにも講師が1人1人の学力に合わせた指導をしやすい点や、生徒同士で勉強に関する相談をしやすくアットホームな環境を作りやすい点もメリットだと言われています。

医学部の予備校の合宿は早朝から夜遅くまで講義や模試が行われています。勉強時間は確保できますが膨大な勉強量を消化できすに、かえって勉強のリズムを崩してしまう恐れがあるので注意しましょう。